シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代独身男性は悲惨なのか?選択次第で人生勝ち逃げ確定か!?


昨今、生涯独身を貫く方もいる中…ネット上で、『50代独身男性は悲惨なのではないか』と話題になっています。

『悲惨と思われてしまう理由』、『独身でいる理由』、更に『50代独身男性に今後訪れるリスク』を紐解き、そんな現状から打破する方法について徹底的に解説していきたいと思います。

選択次第では、人生勝ち逃げ出来る可能性も大いにあり、人生大逆転も夢ではありません。

自分自身の可能性を信じ諦めたくない方は、是非参考にして頂き、今後に役立ててみて下さい。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

50代男性の未婚率は?意外過ぎる結果が判明!?

国勢調査より


読者の中に、50代男性で独身というステータスに引け目を感じている方もいると思いますが…実際のところ、50代男性の未婚率はどの程度なのでしょうか?

国立社会保障・人口問題研究所の『人口統計資料集(2022年)』の調査によれば、2020年の『50歳時の未婚率』は

  • 男性 28.25%
  • 女性 17.81%


上記のような割合となっており、意外にも50代男性の『約3人に1人』が未婚である事が明らかになりました。

このように統計で見ると、決して引け目を感じる事はないと感じます。

現在は、様々な価値観があり…結婚する事が決して正解とも限りません。

自分自身の価値観を大切に生きるという事は、現代社会では重要な事なのではないでしょうか?

50代独身男性が悲惨と思われてしまう理由を徹底解説!


世間的に『50代独身男性』が悲惨という声を多く聞きますが…では、なぜそのように思われてしまうのかについて詳しく見ていきましょう。

世間の風潮


50代独身男性が悲惨と思われてしまう最大の理由は、『世間の風潮』であると考えられます。

『一定の年齢になったら結婚するべき』という風潮は、現在の世の中でも最適解のように語られています。

多様性が叫ばれている現在でも、親や親族、会社の上司や同僚など、上記のような考えの方は多くいるのではないでしょうか?

そうなれば、50代独身男性は世間からは悲惨と思われかねません…。そんな世間の風潮が原因で、『悲惨』なイメージがついてしまっていると考えられます。

仕事、プライベートが現状維持で変化がない為


50代独身男性が悲惨と思われてしまう理由として、仕事やプライベートに変化がなく現状維持の方が多い為と考えられます。

独身男性は既婚男性に比べ、多くの収入が無くとも生活が出来ます。

それならば、出世など会社でのポジション争いに積極的ならずとも会社員生活が送れてしまう事で、周りからの評価が芳しくなく…悲惨と思われてしまうケースが考えられます。

またプライベートに関しても、変わり映えのない生活を送る事で『張り合いがない』『向上心がないように見られてしまう』『人生を謳歌していないのではないか』という風に見られてしまい、悲惨と受け取られてしまう可能性があります。

身寄りがなくなり孤独感が深まるから


50代にでもなれば、両親との死別を経験している方も多く、徐々に身内や親族が減っていき…血縁との関係がなくなり、孤独が深まる為、悲惨と受けとられてしまう可能性もあります。

兄弟がいる方も、様々な環境の変化が考えられますので…あまり関わりがなく孤独感が深まり、悲壮感が出てしまうという可能性があります。

『孤独で悲壮感が出ている』というのは、悲惨に直結してしまう可能性があります。

50代独身男性が婚期を逃してしまった理由は?


ここまで50代独身男性が悲惨と思われてしまう理由について詳しく見てきましたが…婚期を逃してしまった理由についても詳しく見ていきましょう。

女性との関わりが苦手•接点がなかった為


50代独身男性が婚期を逃してしまった最大の理由は、『女性との関係』が考えられます。

これまでの人生で、女性との関わりはあったと思いますが、そもそも何を話したら良いのか、どのように関係を深めるべきか等がわからず…気付けば、女性恐怖症や苦手意識が定着してしまった方も多いと考えられます。

そのような経験から、女性と接点を持つ事を避けるようになり、気付けば50代になってしまい婚期を逃したという可能性が考えられます。

仕事や趣味に没頭し過ぎた為


50代独身男性の中には、『仕事』を人生の最優先事項として生きてきた事で、気付けば婚期を逃していたという方もいると思います。

もしくは、夢中になれる『趣味』があり人生を謳歌した結果、婚期を逃していたという方も多いのではないでしょうか?

ですが、このように何か一つ人生を面白くする事に没頭してきたというのは、素晴らしい財産だと考えられます。

仕事、趣味に没頭出来ずに悩んでいる方も多い現代で…打ち込めるものがあるというのは、本当にすごい事であり、それこそ生きる意味と定義出来るものかもしれません。

結婚以上の価値を手に入れている可能性もあるので、今一度自分自身の人生を振り返ってみるのも良いかもしれません。

収入や貯蓄に不安があった為


これまで恋愛する機会や結婚まで秒読みだった方の中には、『収入』や『貯蓄』に不安があり…結果的に結婚出来なかったという方もいるかもしれません。

現在、収入格差が大きな社会問題になっており…中には、非正規雇用であり今後に不安があり、結婚に踏み切れないという方も多いと言います。

50代独身男性の中にも、同じような理由で結婚したかったが世間体を気にして結婚に踏み切れず…結果的に、現在に至っているというケースもあると思います。

ですが、現在は共働きで家計を助け合う事で見えてくる夫婦の絆や子供を持たずに、夫婦2人で豊かに暮らすというスタイルも考えられます。

2人にとって、ベストの生活を考える事も絆を深める上で大切だと思います。

今後、まだまだ結婚の可能性はありますので、その時は2人にとってのベストアンサーを探すのも良いと考えられます。

50代独身男性に今後訪れるリスクについて徹底解説!


ここからは、50代独身男性に今後訪れるリスクについて詳しく見ていきます。

想定されるケースを考える事で、回避出来る可能性は十分ありますので一つ一つ自分事として捉えていきましょう。

身内がいなくなり天涯孤独

50代独身男性が悲惨に見られる理由でも挙げましたが、50代にもなると両親含め身内との死別が多く発生するリスクがあります。

両親との死別に加え、親族が1人また1人と徐々に亡くなっていく現状を見る事で孤独感が深まっていきます。

兄弟がいる方の中には、若くとも病に倒れて亡くなってしまう可能性も出てきます。そうなれば、より一層孤独が深まり、最悪の場合は身内がいなくなり…天涯孤独になる可能性もあります。

そのような孤独感から、精神的に弱ってしまい…人生に張り合いや意義を見失い、精神的な病に陥ってしまう事も考えられます。

身内以外にも、コミュニケーションを取れる人やコミュニティーを持っておく事で、孤独感を回避する事が出来るかもしれません。

定年間近で仕事•収入面の苦労が増える

令和2年賃金構造基本統計調査の概況(主な産業別にみた賃金)|厚生労働省


50代にもなれば、仕事においても世代交代が否が応でも起こり、徐々に定年の準備期間に入ります。そのような環境になり、やり甲斐のある仕事がなくなる可能性もあります。

産業別の年収分布を見ても50代半ばから一気に平均が下がっています。

そして、収入面でも徐々に先細りし…これまでの様な生活を送れなくなる可能性が生じます。

そうなれば、少しずつ仕事や収入に不安が増え、苦労が増える可能性があります。

更に現在、日本経済は厳しさを深めていますので…早期退職やリストラの危険性もあり、いつ•どのような状況になるかも分かりません。

その様な状況も加わり、苦労が絶えなくなる可能性があります。

これは独身男性だけではなく、どのような状況の方にも平等に訪れるリスクでもありますので…日頃からの節約、貯蓄などが重要になるかもしれません。

健康リスクが増加


50代にもなれば、自分自身の身体にも変化が訪れ…健康上のリスク増加も考えられます。

考えられる健康上のリスクは…

  • 心血管疾患
  • 糖尿病
  • ガン
  • 骨密度低下による骨粗相症
  • メンタル疾患


考えられる一例として、上記のような疾患が考えられます。

これまで生活習慣が乱れていた方は、ツケを払う様に次から次に病気にかかってしまうリスクもはらんでいます。

肉体的な病気だけに留まらず、現在はメンタル疾患を患うリスクもありますので…日頃の摂生は必要不可欠かもしれません。

この様な病気を1人で乗り越えるのには、強靭なメンタルも必要ですので…やはり、1人にならない事が重要かもしれません。

老老介護が発生

50代の今の自分が60代・70代になると親も相当高齢です。そこで必ず発生するのが介護の問題。家族がいればどちらから駆け付けることも可能ですが、自分ひとりとなると負担が重くのしかかってきます。

親と同居している場合はさらに大変です。兄弟がいて頼れる方は良いかもしれませんが一人っ子となると本当に辛い生活がまっているかもしれません。

相談相手が減り騙されやすくなる

独身生活が長く続くと自分で決断できるようになります。段々家族も年を取っていき、友達も家庭を持って話す機会が減ると、変な投資話や高額健康商品の購入などのマルチが来た時に、本当に相談できる相手がいません。

その結果まさか自分だけは大丈夫だろうと思っても、騙されやすくなってしまいます。そうならないためにも普段から独身であっても交友関係は持っていたものですね!

50代独身男性が現実を打破する方法はあるのか?


ここまで、50代独身男性の悲惨に見られる理由や今後訪れるリスクについて詳しく見てきましたが…では、そんな現状を打開する事は可能なのでしょうか?

選択次第では、人生逆転もあり勝ち逃げ出来る可能性があります。更に、カスタマイズ次第で、残りの人生を自分らしく謳歌出来る可能性もあります。

考えられる打開策について、詳しく見ていきましょう。

一念発起して『婚活』


まず一つ目の打開策は、一念発起して『婚活』にチャレンジしてみるという選択です。

これまで、結婚から逃げて来た方もいるかもしれませんが…今後の人生を愛するパートナーと過ごすというのは、選択肢としては素晴らしいと考えられます。

ですが…これまで女性との関係を避け、苦手意識が染み付いてしまっている可能性もありますので…ここからは、そんな方にオススメの婚活方法について解説していきます。

結婚相談所で婚活


まずは、1番安心感のある婚活方法は『結婚相談所』に入会する事だと考えられます。

結婚相談所のスタッフは、プロフェッショナルですので、これまで女性との接点が無かった方にとっても安心して、パートナーに出会い、交流を深める事が出来るかもしれません。

求める女性像なども詳しく分析し、最適な相手をマッチングしてくれる事で出会いのハードルを下げる事も出来ます。

距離の取り方やコミュニケーションの仕方、デートについてもきめ細やかに対応してくれるサービスもありますので、奥手でも勇気を持って踏み込む事で、新たな人生が開けるかもしれません。

自分の力だけで、恋愛から結婚が厳しいと感じる方は試してみる価値は存分にあります。結婚をし、人生大逆転を狙ってみるのも良いかもしれません。

マッチングアプリで婚活


結婚相談所が敷居が高く、資金的にも厳しい方にとっては、マッチングアプリで婚活するという選択肢もあります。

マッチングアプリと聞いて、怪しいというイメージを持ってしまう方もいるかもしれませんが…現在は、マッチングアプリで出会って、結婚するというケースは少なくありません。

更に、セキュリティ面も充実しており、身分証明はもちろんの事、収入証明までも提出しなければならないアプリもあり、あくまでも真面目に出会い、結婚までをサポートするサービスが増えています。

結婚相談所に比べるとハードルが下がる分…女性との距離の縮め方やデートプラン、会話術などについては自分自身の技量に頼らざるを得ない部分があり…この点はハードルが高くなってしまうと考えられます。

ですが、現在はYouTubeなどでも様々な恋愛テクニックを配信している方もいる為、参考にする事も出来ます。

より実践的に、かつ打率を上げたいならば…恋愛関係に特化したオンラインサロンなどに入会する選択肢も良いと思います。

自分自身でカスタマイズして恋愛を楽しみ、人生のパートナーを探すというのに遅いという事はないと感じます。

一念発起して、婚活する事で新たな人生が待っているのではないでしょうか?

結婚はしないパートナーを作っておく

結婚はしなくても普段話せる異性のパートナーを作っておくというもこれからは増えるでしょう。40代・50代の同世代同士であれば相手もそこまで強く入籍を希望しないケースもあります。

実際にマッチングアプリ内には「結婚願望」についての項目がふえてきましたよ。

『独身』として人生を謳歌

打開策の二つ目は結婚に重きを置かず、独身で生涯を全うすると決意し、自分だけの人生を謳歌する事です。

この選択をする事で、自分の為に人生をカスタマイズ出来ます。ある意味、世間の声に惑わされず自分らしい生活を送れるようになるかもしれません。

定期的に旅行に出掛ける
自分自身の為に生きると決意すると、身体が丈夫なうちに様々な事を試してみたいと思うのではないでしょうか?

死ぬ時に後悔する事で、度々言われるのは…『行きたい場所に旅行しなかったこと』といいます。

1人で人生を謳歌しようと決意したのならば、定期的に旅行に出掛け、素敵な経験を増やすというのも良いのではないでしょうか?

旅の思い出をブログやYouTubeなどに残す事で、情報発信し、上手くいけばマネタイズする事も可能で、旅をしながら収入を得る事も出来るかもしれません。

趣味に生きる


これまでの人生の中で、趣味に生きてきた方も多いのではないでしょうか?それならば、いっその事…趣味に人生を捧げるというのも自分らしい人生になるかもしれません。

一生のうちに、夢中になれるものを見つけられただけでも素晴らしいのではないでしょうか?

大半の方が定年退職を迎えた後に…自分自身に趣味がなかった事に愕然とするといいます。そういう意味では、趣味に生きれるというのは誇れるものだと感じます。

誰にも制約されず、趣味を存分に謳歌し、人生を終えるというのも素敵で幸せなのではないでしょうか?

貯蓄を活かし『投資』にチャレンジする


50代独身男性の中には、これまで仕事に熱心に取り組み節約に励んだ結果、かなりの蓄財をしている方もいるのではないでしょうか?

今後1人で生きていく事を決心したならば、収入を更に増やし、豊かな老後を送る為に『投資』にチャレンジしてみるという選択肢もありです。

大きな蓄財があれば、大きな投資金で長期投資をすれば、比較的安全に収入を増やす事も可能です。

そうなれば、お金の心配をする事なく…自分らしく人生を謳歌し生涯を終える事も出来ます。

投資に成功すれば、セカンドキャリアとして事業を立ち上げるなど、自分にしか出来ない仕事を老後に行う事も出来るかもしれません。

1人で生きていくと決意したからこそ出来る、自分の人生があるかもしれません。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次