シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

60代の婚活が難しい理由とその解決策を公式データーを元に解説!

近年平均寿命が延び、まだまだ元気でいるシニア世代も多いことから、60代の婚活、いわゆるシニア婚活も活発になってきています。

離婚や死別を経てシングルになり、仕事や子育てに追われていたけれど、やっとひと段落したので今から人生の再スタートをしたい。そんな理由で婚活を始める60代も少なくありません。

しかし人生の折り返しを過ぎてからの婚活は、20代や30代の婚活に比べるとなかなか難しい、という意見も。

そこで今回は60代の婚活が難しい理由とその解決策について解説していきます。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

60代の婚活が難しい理由

まずはなぜ60代の婚活が難しいのか、その理由について解説します。

出会いのチャンスが少ない


60代で婚活を始めようとする人の中にはマッチングアプリや結婚相談所を利用することに抵抗があり、知人の紹介や趣味のサークルなどで出会いを求める人も少なくありません。

しかし60代になると自分の周りに独身の異性で、結婚願望があるという人を探すのはなかなか難しいため、出会いの可能性が下がってしまいます。

また結婚願望はあるけれど具体的にどのように出会いを探したらいいかわからず、なかなか行動に移せないという人も。

相手の理想が高すぎる

アニヴェセル総研結婚で妥協できるもの400人アンケート


60代になると初婚や再婚に関わらず、相手に求める条件や理想が高すぎることで出会いを逃してしまうことがあります。

60代男性は家事のできる自分より若い女性を求め、60代女性は資産や収入があり、経済的に安定している人を求める傾向があります。

相手の性格や自分に合うかどうかではなく、自分の求める条件だけに限定してしまうとなかなか出会いに繋がりません。

介護目的の婚活だと思われる


現代の50代や60代にはまだまだ元気な人が多いとはいえ、年齢を重ねるにつれて体力は衰えていくものです。

体力が衰えていくにつれて将来要介護になる不安が募り、60代の婚活では将来介護をしてくれる相手を探すために婚活をしている人が少なくありません。自分の介護だけではなく、親が存命の場合は親の介護も必要になります。

全ての60代が介護をしてくれる相手を探しているわけではありませんが、介護問題は誰にでも起こる可能性があるため、60代婚活では特に介護目的であると思われて婚活が難航することもあります。

遺産目的だと思われる


60代で婚活を始める人の中には資産が多く、経済的に豊かな人も沢山います。

そういった裕福な人と交際を始めると、本人同士はそんなつもりがないにしても、相手の子どもや親戚などから遺産目的で交際をしていると思われてしまうこともあります。

籍を入れると相続の権利が発生しますので、婚姻歴があり、子どものいる相手と結婚をすると相続の関係で反対されたり、トラブルに発展したりするケースもよくあります。

60代の婚活を成功させるには?


60代の婚活が難しい理由を踏まえ、次はその解決策について考えてみましょう。

人それぞれに相手に求める条件が違います。ただあまり条件にこだわりすぎたり理想が高すぎたりすると、選択肢が狭まってしまい、素敵な人との出会いから遠ざかってしまいます。

相手の年齢や婚歴、年収、学歴など様々な条件がありますが、婚活が成功した人はあまり条件にこだわらず、相手に求める条件を幅広く設定していることが多い傾向があります。

まず自分の求める条件の幅を広げ、出会いのチャンスを増やすことから始めると良いでしょう。

結婚の目的をはっきりさせる

60代の婚活では家族から勧められたという理由であったり、なんとなく老後が不安だったりといったように目的がぼんやりしたまま始める人もいます。

しかし目的がぼやけているとどのような人にアプローチすれば良いのかもわからず、自己アピールもできずといったようになかなか結婚には繋がらないのが現実です。

自分はどのような目的で婚活をしていて、どんなパートナーとこの先どのような人生を歩んでいきたいのか、ということを自分の中で具体的にイメージしておきましょう。

また自分が相手に求めているものは何なのか、年齢や外見、学歴、それとも相性の良さといった内面のものなのかということをはっきりさせ、優先順位を決めておくのも良いでしょう。

目的がはっきりしていれば相手を探しやすく、出会った後に自分のイメージを相手に伝えやすくなりますので、目的と合致する理想の人と結婚できる可能性が高くなります。

結婚の形にこだわらない

事実婚に関するデータは少なく、その実態は見えにくい。しかし、内閣府で令和3(2021)年度に実施した各種意識調査の結果を見ると、事実婚を選択している人は成人人口の2~3%を占めていることが推察される。

男女共同参画局:事実婚は存在するか?

60代の婚活では、必ずしも「結婚」をしなければならないというわけではなく、結婚をしたら入籍をして一緒に暮らすものである、という形にはとらわれず、事実婚や通い婚といった関係性で一緒にいることを選ぶ人も多くいます。

事実婚の場合籍を入れずに一緒に住むということで、通い婚ではそれぞれの住居や生活スタイルを変えず、お互いの家に通って一緒に過ごすという形になります。

籍を入れるか入れないか、一緒に暮らすか暮らさないかという選択肢が増えれば、お互いにとって一番良い形で相手と一緒になることができるでしょう。

遺産目的や介護目的で結婚すると思われるという問題も、結婚の形を変えることで回避できる場合もあります。

相手に合わせる柔軟性を持つ


60代の婚活では、初婚や再婚に関わらずお互いに人生経験を積んでいるため、自分なりの考え方や生活スタイルが確率している人が多いでしょう。

それゆえに自分と考え方や生活スタイル、価値観が違う人を受け入れられず、つい反論したり否定したりしてしまうことも。

年齢を重ねるにつれ人は頑固になりやすいとよく言われますが、自分の意志ばかり通そうとする頑固さは婚活においてマイナスポイントです。

お互いの価値観を尊重しつつ、話し合いを重ねてお互いを理解できるよう、柔軟性をもつということも60代婚活では必要です。

60代向けの結婚相談所を利用する


友人や知人に紹介してもらったり、趣味のサークルで出会いがあったりして結婚まで至ることもあります。

しかし限られた交友関係のなかで結婚願望のあるフリーのお相手を見つけるのはなかなか難しいものです。また人に紹介された人とあまり相性が良くないと思っても、紹介者の手前断りづらいこともあります。

その点結婚相談所を利用すると、沢山の会員の中から自分と相性の良い人を探してもらうことができるので安心です。

また結婚相談所の会員であるということは相手に結婚願望があるということなので、出会ってから交際、結婚までの道のりがとてもスムーズに進みます。

⇒ 60代向けの東京にあるおすすめ結婚相談所

まとめ


60代の婚活は難しいという意見もありますが、自分の考え方や出会いの方法を変えるだけで解決できることも多々あります。

自分がなぜ婚活をしているのか、どんな人とどんな人生を歩んでいきたいのかというイメージを明確に抱き、自分から行動に移せばきっと素敵なパートナーに出会えるはずです。


第2の人生を幸せと喜びに満ちたものにするためにも、まずは勇気を出して婚活を始めてみることをおすすめいたします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次