シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代男性のマッチングアプリの現実は?今更きついのか?体験談を紹介!

50代は男性でもマッチングアプリではなかなか理想の相手と出会えないと聞いたことはありませんか?ペアーズやomiai、マリッシュを使ってみたけれど、なぜか条件が悪人とマッチしてしまう人に。

失敗事例と改善策をお伝えします。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

50代の男性がマッチングアプリで失敗する原因とは?

50代の男性と付き合いたい女性の年齢を下げ過ぎているか、下げてもマッチするアプリを使っていないかのどちらかです。

婚活市場では40歳を過ぎると年齢+10万などと女性の本音が漏れており、年齢が1歳あがるごとに+100万円を夢見ているのが現実の様子。

50代向けのマッチングアプリを使い分けていない

年齢男性女性
50歳607万円411万円
51歳612万円412万円
52歳625万円418万円
53歳653万円423万円
54歳661万円423万円
55歳679万円432万円
56歳701万円454万円
57歳688万円422万円
58歳686万円440万円
59歳724万円460万円
60歳758万円483万円
61歳671万円463万円
62歳616万円415万円
63歳594万円389万円
64歳611万円401万円
65歳603万円403万円

このような年齢別の年収を元に算出して自分が平気だと思うのであれば同世代+5歳程度を条件設定にしなければほとんどマッチしません。実は何も年収を書かなくてもマッチしますが、そういうのは大抵業者です。

自分が平均+100万円であるのであれば、所得差を売りにしたマッチングアプリの方が圧倒的に女性からオファーが来ます。「しょせんお金目当てか?」と思われるかもしれませんが、その通りです。

マッチングアプリの初期段階において自由に個人が入力できるデーターなど当てになりません。

良いことを書くに決まっています。だから女性は所得を基準にまず相手選びをします。さらに年齢が加わって弾く程度。これが現実です。

だからお金がある人は自分が有利になるmアッチングアプリを選ぶべきです。以下の条件があるようなマッチングアプリは別格。

  • 年収証明書の提出
  • 独身証明書の提出
  • 高額な月額料金:5000円以上
  • 紹介手数料や入会金の合計が10万以上

試しましたが通知がとまりませんでした。

50代が必ず出会えるアプリを使っていない

自分も婚活や恋愛市場では不利なことを考えれば見た目はともかく、「必ずマッチしたらデートをしないと罰則がある」というアプリを使えばデートの回数だけは確保できます。

今は紹介者が保証される婚活系マッチングアプリや自動マッチでドタキャン禁止という面白いデートアプリもあります。男性の料金負担額は月に5000円と相場より2000円ぐらい高いですが、ここもねらい目です。

50代がマッチできる相手に妥協していない

やっぱり今更恋人を作るってかなり気力が必要で、付き合ってもマイナスになるならこのまま独身の方が楽だ・・・なんて思って活動をしていると、どうしても相手に妥協をすることが嫌になってしまいます。

自分がよほど有利な条件じゃないと数だけこなしても成果は出にくいと思います。

見た目・学歴・小作り・家族構成まで考えてしまうと面倒だな・・・なんて思うものですが「ここだけは妥協できない」当ポイントを1つか2つに絞ってとりあえず「デートだけ」してみるとかなり環境が変わるはずです。

50代のマッチングアプリ利用がきついと思った体験談

では実際にどのような理由でマッチングアプリがきついと思うのか?それを紹介していきます。

50代でバツイチ女性と出会ったがうまく行かなかった話

はじめましてtakkaと申します。48歳・製造メーカーの営業マン・勤続26年・埼玉県さいたま市・650万・国内旅行特に秘湯温泉に行き、秘湯の会の会員になっております。

車持っているのでドライブや自然のあるとこへ出かけることもあります。50代ということでしたが、マッチングアプリを利用しているので、申し込みをしました。

パートナーズを利用しました。月に約20000円位かけてマッチングしたりデートにも使用しました。相手の女性がバツイチで結婚経験があるかたでした。

ちなみに私は初婚です。

相手の女性を疑ってしまった

相手の女性が子連であり、その子を父親として向き合えるかが自信がなく、仮に相手の女性が良くても、本当に子供とうまくやって行けるのか?

どうしてもそこが譲れない部分でもありました。

相手の女性が初婚特に若い方だったので疑ってしまったのかもしれません。

また若い方とマッチしましたが生活感覚にズレがありました。私も恋愛経験がなくデートの段取りが悪く、雨の中連れまわしてお店に入ればいいものを靴がびしょぬれになってしまい。すぐその場で帰られてしまったこともありました。

お会いしてから、自分でも相手の方との会話を多くする必要があるかと思いました。見た目で判断することもあり、感じの良い女性かと思いきや全くそうではないことが数あったので、出会う前にもう少し突っ込んだことを聞いた方が良いかと思います。

焦ってすぐに会うとかはやらない方が良いのかと思いました。後はデートするときには、場当たり的な行動をせず相手の好きな場所等を聞き出し、少し気を使ったデートプランを立てるようにした方が良いかと思います。

50代の男性はペアーズでは見た目で勝負できないと思った

初めまして。佐藤優也と申します。年齢は54歳で、三重県で一人暮らしをしています。仕事は半導体関連の会社で働いています。年収はだいたい700万くらいです。趣味は自転車に乗る事です。健康維持の為にも時間が取れればできるだけ乗るようにしています。

使っているアプリはペアーズというアプリを利用させて頂いています。料金は3ヶ月プランで¥10200です。始めて2ヶ月くらいになります。年齢のせいもあってかなかなかマッチングすることが難しいと思っています。

マッチングしても途中でメッセージが返ってこなくなったり、マッチングだけでそもそもメッセージが出来ないなんてこともあります。

2ヶ月利用してみての私の印象としてはペアーズは20代、30代の若い女性の方が多く利用されている印象なので50代の私には合っていないのかも知れないです。

あとはプロフィールの写真には自撮りの写真は載せない方がいいような気もしますが分かりません。50代のおじさんともなると見た目での勝負だと勝ち目がありませんのでまずは中身を好きになってもらう方がいいような気がします。

アプリですぐに会おうとすると逃げられる

私がアドバイスするとしたらまず、自分に合ったアプリを利用するという事、すぐに会おうとしない事です。上記にもあるようにペアーズに関しては若い方が多いようなので別のアプリ(マリッシュなどは出会えましたので)を利用する事です。容姿に自信があり、どうしても20代の若い子と出会いたいという事であれば話は別ですが…。

すぐに会おうとしないことに関しては女性の方は色んな事を警戒されていると思いますのでメッセージで仲良くなって信頼関係が出来てからまずはランチなどに誘うのがいいかも知れません。私自身も成功例があるわけではないので分かりませんが、2ヶ月間利用してみてのアドバイスになります。

50代で年齢を偽って登録してもも若いこ子とは会話ができない

年齢は50歳、会社員(建設コンサルタント)をしています。住まいは大阪府河内長野市というところです、
年収は約900万円程度です。


趣味はベースを弾くこと、コーヒーを飲むことです。休日は喫茶店に行くことも多いです。

私はペアーズというマッチングアプリを利用し、毎月3000円を支払っていました。

しかし、50代の男性としては若い女性とマッチングすることは容易ではありませんでした。仮にマッチングできたとしても、若い人であればコミュニケーションを続けることが難しく、同年代であれば、何かしら問題のある人が多かった印象です。

マッチングアプリを利用する上で最も重要なのはコミュニケーションですが、50代の男性と若い女性では、世代や価値観の違いによって、上手く話を進めることができない場合があります。

また、同年代であっても、過去に離婚や子育てなどの経験を持つ人が多く、そのような問題を抱えている人が多いため、相手選びには十分な注意が必要です。

年齢を偽っても長続きはしなかった

私自身も、一度年齢を偽って40代としたことがありました。しかし、デートの際に店で身分証明書を掲示した際に年齢がバレてしまい、相手に不信感を抱かれてしまいました。

このように、正直さや誠実さが大切であることを改めて実感しました。

マッチングアプリを利用する場合、プロフィール写真や自己紹介文は非常に重要な要素となります。そのため、50代の男性が成功するためには、20代や30代にはない自分の魅力的な面を適切にアピールすることが大切です。


また、コミュニケーション能力もマッチングアプリを利用する上で欠かせない要素なので、自分自身の話題を持ち、相手の話にも積極的に耳を傾けることが大切です。

また、相手に対して丁寧な言葉遣いやマナーを守ることも印象に残ります。


さらに、マッチングアプリは出会いの場としてだけでなく、コミュニティの場としても機能しています。50代の男性が同じ年代の人と出会う機会もありますので、自分自身の好みや嗜好を明確にしておくことが大切です。こうすることで好みの合う人とマッチングする可能性がぐっと上がります。

50代のシングルファザーが感じたマッチングアプリの実情

長野県に在中の53歳の男性です。バツイチのシングルファザーで子供はこの春から社会人になりました。お仕事は観光業で休日は主に平日でジムや釣りなどをして休日を過ごしてます。年収は600万で手取りで月に38万ほどです。

マッチングアプリは主にpairsとOmiaiを使いました。それぞれ、一カ月使い、月額もそれぞれ5000円ほどです。二つアプリを同時に使わず、それぞれ一か月ずつ時期ずらして使いました。

実際にお会いした女性は3人で、二人は一度会って、波長が合わず、三人目はお互いに気が合い、現在、お付き合いしてます。デートは月に3-4回、デート代は合計で約4万ほどです。

実際に会うまで、マッチングはするものの、メッセージのやり取りが続かないことが多かったり、波長が合わないことが多かったです。

年齢差を5歳にすることで結婚相手が見つかった

また、自分より5歳以上年下の方ですと、マッチングはほぼしません。したとしても、業者のような人としかマッチングしませんでした。

特にOmiaiは外人を使った業者が多かったです。やはり50代になると、マッチングの成立が低くなり苦労します。あと実際に会うと写真と違い、写真を加工してることがありました。

pairsを通じて、現在、お付き合いしており、来月には入籍します。50代の男性でも十分にマッチングして女性とお付き合いすることはできると思います。

ただ、あまりにも自分より年下の女性のいいねをしても、ほぼマッチングできません。自分の年齢に上下2〜3歳が良いと思います。それと、女性とお付き合いして、結婚したいか、恋人だけで良いのかなど、マッチングアプリを使う目的を明確にして、登録期間も自分で決めてアプリを使うと良いと思います。


また、相手に子供いることも多いと思いますので、その辺も理解してマッチングアプリを使うと良いと思います。

50代になると価値観のあう女性に巡り合うのが難しい

52歳の会社員です。東京都に住んでいます。年収は800万円ほどです。趣味は読書と映画鑑賞です。性格は穏やかで話しやすいとよく友人や知人に言われます。マッチングアプリを使って、真剣な恋愛をしたいと思っています。

Pairsというアプリを使っています。月に1万円ほどの料金を払っています。マッチングは月に5人ぐらい、デートは月に2回ぐらいです。50代の男性がマッチングアプリを使って難しいと思った現実は、年齢や容姿に対する偏見や期待が高いことだと思います。

私も何度か失敗しました。例えば、写真と実物が全然違う女性に会ったことがあります。写真では若くてきれいな女性だったのに、実物は老けていて化粧が濃かったです。

正直がっかりしましたが、礼儀正しく話して別れました。また、自分よりも年収が高い男性を求める女性にも出会いました。私は自分の年収に嘘はつきませんでしたが、それでも満足してくれない女性が多かったです。そういう女性は自分の価値観を押し付けてくるので、話が合わないと感じました。

マッチングアプリで失敗しない工夫やコツは、まず自分自身を正直に表現することだと思います。

写真やプロフィールは最新のものを使って、加工や嘘はしないようにしましょう。相手も同じように求めていますから、信頼関係を築くためにも大切です。次に、相手のニーズや希望に合わせることです。

50代にもなると自分の人生経験や価値観がしっかりしていますから、それを尊重して話を聞くことが必要です。また、相手のペースに合わせてコミュニケーションを取りましょう。焦らずにじっくりと関係を深めることが大切です。

50代はアドバイザー付きのマッチングアプリじゃないと難しい

年齢は51歳、中小企業の営業職として勤務しています。年収は約450万円ほどで、何度か転職を繰り返し今の職場に出会いました。出身は大阪府で、一度転勤で神奈川県に移住したものの、また戻ってきました。趣味は居酒屋巡りで、週末など自分の時間があるときは美味しい一品料理を探し歩いています。

活用していたアプリはマリッシュです。婚活・再婚活向けということもあり、結婚経験のない自分に合っているのではと感じたことがきっかけです。

有料会員として月額3,400円にて登録し、再婚を希望する女性も含め出会いを求めるため活動を開始しました。ネット上の情報ではマッチングアプリを通して出会えた人は多い印象を持っていましたが、実際は50代という年齢もあってか、あまりアクションを起こしてもらえなかった気がします。

また、初めて利用したためどのようにデートまで進めれば良いかわからず、恋愛経験が乏しいことからコミュニケーションの取り方にも迷いました。やはり、マッチングアプリは若い人向けのサービスなのではというイメージが抜けず、結果として利用を辞めるに至った経験があります。

アドバイザー付きはデートまでが早かった

自分と同じくマッチングアプリ未経験の人がうまく活用するには、アドバイザーによるサポート付きのサービスがおすすめです。どのようにデートまで進めれば良いか、自分に合った人はどういったタイプかなど、恋愛の指南を受けることで良い出会いに繋がる可能性に期待できると思います。また、女性も有料のサービスを活用した方が真剣度が高いため、実際に会い交際へ至る可能性が高いと感じます。無料の場合は遊び半分で利用する人も少なからずいると思いますので、あまりおすすめできません

50代男性が婚活向きのマッチングアプリを使うのはきついかも

私は宮城県に住んでいる50歳の男性です。保険の営業職として会社員として働いています。年収は390満円ですが、それなりに楽しく暮らしています。趣味はドローンで空から色々な景色を撮影したり飛ばしたりするのが好きです。

男女とも有料で結婚に前向きな方が多いと思ったのでゼクシー縁結びを利用しました。(半年で21000円位)年代は20代から40代までが多い感じがして40代なら50歳前半の私でも大丈夫かなと思い登録しました。

婚活アプリはアラフォー女性の意識が高すぎる

ただゼクシーは相手側の写真登録が少なく顔が分からなかったり、近くの人でも他県の人が多いのでそこだけが特に難儀しました。

若い子とか綺麗な人は好きですが、選好みする様な年齢でもないですが判断基準ができないのはモチベーションは下がりますしメッセージを送っても帰ってこない事がほとんどで心が折れそうになります。

そんな中でもようやくメッセージのやり取りをして会う事になった女性もいて3回ほど45歳ぐらいの女性に会いましたがお別れすることにしました。

彼女は一度も財布を出すそぶりを見せず、おごってもらうの当然という意識でした。

私も女性にもてるような容姿もしてないし人格者でもないですが考えさせられました。結婚後もこのような生活が続くんだろうと思ってしました。

年齢差があるマッチングアプリを使う際は写真やプロフィール欄を全部埋めてなおかつ嘘をつかないで魅力的な文章を書くことだと思います。(イメージ的には転職したときの志望動機の様な文章)

理由は女性からの印象を左右する重要な部分で特に写真は清潔感がある服装など相手に良い印象を与える事に心がけた方が良いと思います。

それに相手のプロフィールも見て共通点とか見つけるのも大事ですが無理に会話を進めないで自然な流れで話題を広げていくことが大事だと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次