シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代の自然な出会いの場と選び方をアドバイス!意外と知らないよ!

最近では、50代の方々向けの出会いイベントがますます増えています。同じようなイベントでも、名前が違っているだけで実際に参加してみると、来場者はほぼ同じであり、内容も大きな違いはありません。

目的は多少異なるかもしれませんが、最終的にはパートナーを見つけることが目的です。

婚活パーティー、街コン、店コン、異業種交流パーティー、そしてセレブパーティーなど、初めて参加する方にとっては迷うことが多いと思います。そこで、これらを一括してまとめてみたいと思います。

私の経験では、まず開催場所、次に参加費用、そして主催会社によって、参加者層が大きく異なることがあります。まずはどこで開催されているのかを見極めることが重要であり、そこでより良い出会いが待っていると考えています。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

50代が出会いの場を選ぶ基準・決め方について

出会いの場を比較する際に、50代の方々が考慮すべき基準がいくつかあります。最終的になにをしたいのか?決める必要がありますね。

  1. 実は遊び相手が欲しい
  2. 結婚しないパートナーが良い
  3. 3年以内に入籍できる人のみで会いたい

不真面目と言われるかもしれませんが、きちんと考えて場所を選ぶべきです。

まじめさ・誠実さを優先をしたい人

まじめな相手・真剣な交際相手を探しているのであれば、以下のような優先順位になります。出会い系やマッチングアプリは後回し。お金を使えるのであれば男性の50代は勝ち組になり得ます。

  • 結婚相談所の婚活パーティー
  • 高額結婚相談所

家族構成もしっかりした相手とであうならどちらかになりますね。高額相談所は親族の構成まで調べてくれます。

ナンパ師がわざわざ面倒な関係を作るような結婚相談所に入ることなどありませ。ただ、じめである=結婚相手を最優先で考えるわけではないことに注意してください。

自分第一のまま婚期が遅れこじらせたというケースは多々あります。まじめ=融通がきかないなんてこともありえますよ?

そのような見定めをしたいのであれば相談所の前にパーティーに数回行ってみることをおすすめします。

話す機会や触れ合う人数を優先すべきかどうか?

50代の出会いパーティーの形式によって、自由さの度合いが異なります。

例えば、お見合いパーティーや婚活パーティーはプロの司会者が進行を固めていますし全員と話す機会が与えられます。これはパーティー初心者や人見知りの方に向いています。

一方、自由度が高いパーティーは、積極的な方に向いているでしょう。最近では個室形式や立食形式、合コン形式など、様々なバリエーションが登場しています。

全員と平等に話す=好みでない人にも平等な時間を使う。これは意見が分かれます。無駄な時間だととらえる人もいますし、沢山の意見を聞けた方が今後の参考になると思う人もいます。


自分の性格や個性に合わせて、パーティーを使い分ける必要があります。

カップルになれる確率が高いかどうか?

50代の気軽な出会いと言えばやはり婚活パーティーやお見合いパーティーだと思います。この優先順位をカップル率で決める方法もあります。

一概には言えませんが、アプローチカードの特徴や紹介制度、参加人数などから判断します。

大手のお見合いパーティーや地方限定の婚活パーティーなどは集客力が高く、地域限定のパーティーでは出会える確率が高い傾向にあります。ただし、アドレス交換から初デートまでを出会いのステップと捉えることができます。

またカップルになってもその後音信不通などよくある話です。強引にカップルにして、「カップル率が高い」というお見合いパーティー会社には気を付けてください。

男性はどこまで料金を支払って満足できるか?

特に料金設定が高い場合には、男性の方が気になるかもしれません。お見合いパーティーに参加したのに男性ばかりや女性ばかりという状況は寂しいものです。

一般的に婚活パーティー(結婚を意識したパーティー)では女性の参加者が多い傾向にあります。自由度の高いパーティーでは男性の比率が高くなることもあります。

どのみち料金を払うのは男性です。いくらなら許容できるのかを考えてください。

特にお見合いパーティー・婚活パーティーは男性負担が高いです。

結婚相談所は男女比が逆転します。女性が求めているのは真剣な恋と老後の生活の保障。男性が求めているのは出会いの数です。貧乏な人と結婚するために結婚相談所に入る女性は皆無です。

美貌と経済力はの天秤をかけ、それ以外の価値を見出そうとおもうのでれば、多少の癖は受け入れて個性あるマッチングアプリを使うのも一つの手です。

50代の出会いイベント・場所の一覧

出会いの場種類形式特徴
異業種交流会パーティ社交パーティ名刺交換基準オフィシャル、カジュアル
お見合いパーティー出会い系パーティ一対一の対面式カップリングパーティ、お見合いパーティ
婚活パーティー結婚相談所イベント多様な形式年齢や職業による限定
合コンパーティー合コン形式パーティ複数人での参加街コン、店コン
サークルイベントアクティビティー立食形式の自由会話年齢問わずの交流

50代・60代のシニア向け異業種交流会パーティーの特徴と内容

異業種交流会パーティーは、異なる業界からの社会人が集まり、情報交換や社内を越えた交流を目的とした社交パーティーです。

このパーティーには、基本的には名刺交換を中心としたオフィシャルなパーティーや、カジュアルな雰囲気で気軽に出会いを楽しむカジュアルなパーティーの二つがあります。

さらに、IT業界や商社・銀行などのパーティー、医師や弁護士などのある程度年収を絞ったセレブなパーティーも盛んに行われています。

このパーティーの最大の特徴は自由さです。従来のお見合いパーティーやカップリングパーティー、婚活パーティーとは異なり、参加者は各種のオードブルやワイン、カクテルを手に取りながら会場内を自由に歩き回り、気になる人と話すことができます。

会場は結婚式の披露宴懐かしのクラブを貸し切ったような雰囲気ですが、開始時間は早めの午後6時くらいであり、社会人が集まるパーティーとして節度も保たれています。

現在、婚活が盛んな中、出会いが欲しい方や自分の枠にとらわれずに交流を広げたい方、他の業界の人と知り合いたい方、日常生活が刺激に欠ける方、仕事上のコネクションを求めている方にとって、リアルな交流ができる異業種交流会パーティーはおすすめです。

日本ではまだ始まったばかりですが、欧米では異業種交流を目的としたランチやディナーパーティーやガーデニングパーティーなどを通じて、人脈を広げる機会や自身の可能性を広げる場が用意されています。

社交ダンスなどにあこがれる50代・60代のシニアはココがおすすめ。

⇒ 

50代向けお見合いパーティーの特徴

50代以上が参加するシニア向けのお見合いパーティーは、出会い系に属するカップリングパーティーやお見合いパーティーと呼ばれるイベントです。実際には出会い系サイトとのコラボレーションも行われています。

このパーティーの最大の利点は、場所と時間の都合が合わせやすいことです。全国規模で開催されているため、自分の好きな時間帯や場所に参加することができます。

一対一の対面形式のパーティーが多いため、会場に行っても誰とも話せずに帰ってくることは確実にありません。これは非常に良い点です。

ただし、司会者の進行によってパーティーの流れがかなり形式化されているため、やや窮屈な感じが否めません。しかし、これは全くの初心者にとっては安心感となるメリットでもあります。

パーティー自体が初めての方や、活気ある場所は苦手だけど静かな出会いを求める方にはぴったりのパーティーです。最近では合コン形式の多人数パーティーも増えているので、一対一の形式が好きではない方はそちらに参加することをおすすめします。

あわせて読みたい
シニアの出会い・婚活パーティーでおすすめは?60代に評判の良いものを厳選! シニアの出会いの場としておすすめなのが男女が一度に集まる婚活パーティーです。 今は昔年と違って種類も豊富。着席型だけではなく、立食形式の社交パーティーのような...

50代向け結婚相談の特徴

50代向けの結婚相談所は、さまざまなパーティーイベントを企画しています。

オーネットスーペリアやサンマリエなどの結婚相談所は、年間登録料が10万円と比較的高額ですが、50代・60代の相手の身元保証やしっかりとしたパーティーからの成婚率は非常に高く(ただし、成婚率は約5割程度です)。

また、パーティーも単なる出会いパーティーの枠を超えて趣味としても楽しめます。

  • 料理パーティー
  • お茶会
  • 香水作り体験
  • 日本舞踊体験
  • ゴルフパーティー
  • プラネタリウム鑑賞

など自己啓発や趣味を楽しむパーティーが多様に企画されています。

女性の所得や働き方にもよりますが、男性多くの生活費を負担することも感がられます。特に年齢差が離れている場合はそうなります。

場合によっては数百万円になるしょう。

それでも結婚したい素晴らしいパートナーと出会えるのであれば、結婚相談所は悪くない選択肢の一つと言えるでしょう。

質を求めるなら料金を払った方が後悔しないかと思います。

なお、資料請求だけであれば無料で行えます。

パンフレットには詳細な内容が記載されています。また、各結婚相談所に個別に資料請求すると、自分の条件に合った人の情報を得ることができます。逆に言えば、自分の条件が厳しい場合はオファーが少ないこともわかるでしょう。

あわせて読みたい
東京の70代向け結婚相談所でおすすめは?失敗したくない人へ 東京は数多くの結婚相談所が存在し、その種類も登録者の経済力や価値観も様々です。50代以上のシニア世代が結婚相談所を選ぶ際は、登録者の年齢幅を考えて使うのがベス...

50代向け合コンイベントの特徴

最近はネットを活用した合コン形式のパーティーが50代・60代向けにも増えています。

社会人になってからも合コンは学生以上に盛んであり、毎週、50代・60代の方々も楽しんで参加しています。しかし、合コンを主催するのは手間がかかると感じる人も多いのも事実です。

そこで、ネット上で合コン希望を出すと、業者が自動的に幹事の役割を引き受けてくれるサービスが登場しています。

会場や場所の予約から料金の支払いまで、手続きはすべて業者が代行してくれますので、お客様は気軽に参加することができます。

追加料金が若干かかる場合もありますが(女性1,000円、男性3,000円)、業者と店舗のつながりにより、料金は抑えられています。

合コンは一度に知らない人と会うことが多く、馴染めないと感じる方もいらっしゃいますが、このサービスならば少人数で参加することもでき、一人ひとりとゆっくりと会話を楽しむことができます。

また、アルコールが苦手な方には、カフェコンパというスタイルのイベントもあります。ゆったりとした雰囲気の中で、お茶やコーヒーを楽しみながら出会いを探すことができます。

メリットは少人数。デメリットは外れると長時間一緒にお酒を飲まなければいけないということです。

あわせて読みたい
既婚者OK!シニア合コンの評判と内容を50代・60代の参加者が本音で紹介! 今、シニア世代の出会いで流行っているのが既婚者参加も大丈夫な大人の合コンです。 普通コンパと聞くと大学生や20代・30代が中心で、高齢者向けのイベントはあまり...

50代・60代向けサークル

ウォーキングや登山・お散歩など体をあまり動かさない社会人サークルも50代・60代の自然な出会い位の場としてかなり人気が高いです。

メリットは同性の友達や年齢を超えた相手が見つかること、デメリットは婚活や出会い目的ではないので恋人やパートナー探しをしようと思うと非効率なことです。

50代が多いマッチングアプリ

PRTIMESより

ペアーズの登録者の50代以上の数は少ないもののデーターではすぐにマッチングアプリでデートを希望している人は若者に比べて4倍近く。

当サイトでも実際の体験談を募集しましたが、「もうこの年だからかっこつけていても仕方がない」という感じである程度失敗は覚悟したうえでデートを楽しむ層が増えています。

確かに、若い女性と違っていきなりホテルに強引に誘われるなんてことはないでしょうし、男性も50代を超えていると性欲などではなく長く楽しく付き合える相手を探しています。

飲み友だけでも十分という男女も多くニーズがありますね。メリットは最短最速。デメリットはメールがちょっとめんどくさいということでしょうか?

50代が行くバーや高級クラブ・スナック

50代の男性はお金があればキャバクラやガールズバー・高級ラウンジなどいくらでも遊び相手を探せることは芸能界を見ていてもわかるかと思います。

最近女性はスナックの常連になってそこでなじみ客と交流するなんていうパターン増えていますね。これまたかなりお金がかかるのと男女の人数が違うこと。

後はやっぱり結婚や付き合うまでの距離はものすごく遠いです。アラフィフの出会いの場ということでお酒好きには人気ですが効率の面では考え物。

ただ、飲みに行くのは楽しいですよね!

50代向けのスポーツクラブ・フィットネスのスタジオ

経済産業省フィットネスクラブ年代別利用者

シニア世代が最もお金を使うのがフィットネス関連で、約40%です。残りの人生気になるのなんてお金と健康というのはよくわかります。

50代前後も20%ずついますので出会いの場といえます。見た目がカッコいい&美しければパーティーやマッチングアプリのように年齢や容姿で弾かれることはありません。

ただ、スポーツジムは必ずしも独身がきているわけではなく、家族ずれや既婚者もおおいです。そうなると効率的に50代が出会える場というわけではなく、健康維持と見た眼を良くして出会いの確率を広げるために使うという意識の用方がよさそうです。

50代が多いディスコクラブ

意外とびっくりしたのが50代にディスコクラブが流行っているってことです。確かにバブルを経験していますし、若い時代は踊って遊んで楽しんだという方が多いんだと思います。

都心部であればアラフォー・アラフィフ向けのディスコイベントが定期的に開催されています。こういう場所に来るってことは異性の友達が欲しいわけですので納得!

来る人も若くて年齢マイナス10歳ぐらいに見えます。

50代向けの習い事教室

年を取ってから老後もできる趣味の幅を広げたいということで今までできなかった習い事にチャンレンジしてそこで友達や恋人ができてしまったというパターンも多いです。

  • jazzなどの音楽教室
  • 社交ダンス教室
  • 聖歌隊やカラオケ
  • 卓球・ボーリング教室
  • 料理教室
  • 英会話教室
  • ワインスクール

基本複数でやるものですね。「50代の初心者が行くと迷惑なんじゃ?」なんて思うかもしれませんが今は年齢別・能力別にクラス分けがされています。

若いころに少しはかじったことがあるというものでも良いですし、飲食のように誰でも日常的にやっているものなら初参加でも困らないでしょう。

50代向けの団体旅行・一人旅

普段自分から声をかけるのが苦手でも旅先で誰も自分のことを知らないとなると一気に人は大胆になるものです。一人旅のツアーや移動だけを集団でやる団体旅行に行き、オプションツアーでオプションツアーで出会った人が今の恋人なんていう50代も多いです。

ただ、旅は「家族連れ」「子連れ」も多いので出会い目的というよりも旅行そのものを楽しまないと寂しい思いをするかもしれません。

50代が多いバスツアー

旅行と同じくバスツアーも隣同士になるので同性の友達はできやすいかと思います。これまた当たり外れが多く、相性の会わない人と隣同士で数時間移動というものは苦痛です。

旅行そのものに楽しみがないと辛いイベントとなります。中高年・シニア向けも婚活バス・恋バスツアーなどが自粛明けで始まっています。

そういうのは席替えもあるしカップルを作る仕掛けがあるのでお勧めです。

まとめ:出会いを優先するなら相手が出会い目的の方が話が早い

これはどんな世代にも言えることことですが、自然な出会いの場というのは職場や習い事などに沢山ありますが、それだけでパートーナーや異性と友達がどんどん増えたら苦労はしません。

基本は自分だけではなく相手も出会いを求めている場所。それぞれの場所で真剣度や目的は違いますが、出会いありきで探したほうが効率は良いかと思います。

コメント

コメントする

目次