シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

結婚相談所NPOの評判は?中高年・シニアの婚活に使えるの?

今回は大手のシニア向け結婚相談所と、格安NPO法人の結婚相談所を比較してみたいと思います。

確かに入会金や成婚料、月額費用などを考えるとNPO婚活はお得な感じはしますが区役所や市役所の婚活パーティーに参加して気付いたことがあるのでその状況も含めて安い婚活の場がどうなっているのかお伝えします。

これを読めばほんの数万円の差だけで結婚相談所を選んでいいのか?安いところに人生を預けていいのか?そういうことが分かって来るのではないでしょうか?

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

NPO結婚相談所の特徴と概要について

ではNPO結婚相談所に関していくつか有名どころを紹介しながら、実際にどのような特徴があるのか紹介していこうと思います。

値段が安い=スペックが高い人はなかなか登録しないという図式は成り立ちますので、ここでハイステイタス高年収の相手を探すのは間違いです。

結婚相談所にはちょっとお金を払う余裕がないという人が頼ってくる場所です。

NPO結婚相談所一覧

名称地域料金特徴
NPOブライダルセンター東京入会金:17,000円
月会費:5,500円
成婚料:50,000円
親の代理お見合いあり
JunoALL札幌・東京・埼玉・福岡・広島各支所によるが
1万前後
(キャンペンーン中は無料)
地域の市役所
会員数3,000人
NPO法人岡山結婚支援センター岡山入会金:15,000円
月会費:3,500円
成婚料200,000円
成婚料高め

NPOブライダルセンターの評判

ブライダルサポート

ではIBJ加盟のNPO結婚相談所であるブライダルサポーターの特徴や内容を紹介していこうと思いまう。

項目
費用
  • 入会金
  • システム登録料
  • 月会費
  • お見合い費
  • 成婚料
  • 初期費用総額
  • 17,000円(税込18,700円)
  • 3,000円(税込3,300円)
  • 5,500円(税込6,050円)
  • 2,000円(税込2,200円)
  • 50,000円(税込55,000円)
  • 36,500円(税込40,150円)

初期費用は36500円で、成婚料の5万円を含めても10万円以下で結婚相談所が使えるということで、料金面としてはやはりNPO婚活は安いと思います。

JUNOALLの評判

junoall

JUNOALLは東京を始め各主要都市にあるNPO結婚相談所をとりまとめる団体組織でです。現在入会金や成婚料がかからない本当の意味での政府主導の非営利団体だと思います。

婚活パーティーの参加費は1000円~2000円程度で非常に良心的です。

地方都市で人手不足に悩んでいる役所が子育て支援対策として税金を使って賄いますのでこの値段です。ただシニアに関してはちょっと年齢が若く、婚活パーティーの幅が20代~40歳までとなっています。

他にも陶芸教室なんかもやるのですが、これまた男性39歳までです。ただ始まったばかりですのでこれから期待しましょう。4対4という人数もちょっと少ないかと思いました。

NPO法人岡山結婚支援センター

岡山結婚支援センター

岡山は結婚する年齢が日本でも最も早い県として有名ですね。この件もNPO法人が管理する結婚相談所を作っています。

スタンダードプラン
  • 入会金 15,000円(税込16,500円)
  • 登録料 20,000円(税込22,000円)
  • 月会費 3,500円(税込3,850円)
  • お見合い料 5,000円(税込5,500円)
  • 成婚料 200,000円(税込220,000円)

スタンダードプランは入会金こそ安いですが成婚料の20万は大手結婚相談所とそこまで大差ありません。

注意書きとして「※お相手が医師、歯科医師、弁護士または年収1000万円以上の方との成婚は、成婚料に110,000円(税込)を追加した料金をお支払い下さい。」

とありますので、NPOとは言え意外とお金がかかる暖多もあります。

NPO結婚相談所は親の代理お見合いがある

親御様お見合いサポート会https://bridal-npo.org/parents/

経済的に余裕がなく、職場や友達の紹介もなかなか望めない人のためにNPO結婚相談所では親同士が話し合う代理お見合いが行われています。

メリットとしては親同士が先に相手の状況を理解しているのでいざ親族同士を合わせた時にトラブルにならないということで、一理あると思いますが・・。中高年になってまで親に結婚相手を探してもらうのはちょっと気が引けるのではないかと個人的には思いました・・・。

NPO結婚相談所のパーティーの内容と特徴

NPO結婚相談所も大手のようにお見合パーティーを開催していますが、補助金が出ているのに豪華なオシャレなスポットで婚活パーティーを開くわけにはいきません。

予算的にギリギリ中高年同士が集まってやるので、市役所・区役所の会議室か格安のイベントスペースで開催されます。

市民プラザが多いですね。

大手の結婚相談所と違い所得や学歴の制限もできないですし、身辺調査も不可能なのでちょっとワケありな人もぐりこむ危険性があることはお伝えした方がいい以下と思います。

参加者はアラフォーで30代は最年少位でしょう。

NPO結婚相談所に向いている人とそうではない人

女性の場合は40代後半くらいから使えばいいかと思います。よく言われるように普通の結婚相談所で女性が結婚できる確数%です。

でも、他でもなかなか相手が見つからない5中高年男性が集まってくるNPO結婚相談所であれば、ライバルを避けてマッチングすることは可能です。

そこまでして結婚したいのか?ということを考えたうえで選ぶべきですね。

大手結婚相談所とNPO相談所を比べての感想

40代を過ぎると男性は大手の結婚相談所にに入っても結婚できないなどという噂も聞きますが、それは学歴や所得に大きく左右されます。

むしろ大手結婚相談所のお見合パーティーやマッチングアプリは10歳年の差結婚の報告例も見られますし、何といっても登録者の数が100倍ぐらい違います。

婚活パーティーにしても値段が安い所に来る人と。7000円以上のイベントに来る人は質が全く違います。会場の質も会員制クラブのようにカッコいいですし、会場の雰囲気で3割増しでカッコよく見えるはずです。

この写真のようにきちんとした大手ならオシャレスポットを用意してくれます。

女性40代:男性50代まで入れます。

NPO婚活に対するSNSの評判まとめ

では続いてNPO婚活に対するSNSの評判なのですが街コンや婚活パーティー同様に国の税金を使った少子化対策に関しては賛否両論です。

NPOが主催する、会員制の婚活はおかしいよ。 私達の税金を守ろう。

— れいな (@Reinaminimi249)

流行りは流行っていいんだけど…○○活とか○○力とかどうなんだ? 言葉が一人歩きして、別のものになってる。で、どうでもいいイベントを税金使ってNPO団体が行う。 秘密だけど、婚活はよくちょうさしてからが良し! うちの会社は当番でサクラを送り込んでます。 数字がないといけないとか。

— いしちゃん(*`・ω・´)ノ (@ishimoo75)

国立競技場で8月にLove Couple Runningと言う、タイムより仲の良さを競い合うランニングのイベントのチラシをもらった。結婚式場のNPOが婚活イベントとして企画したらしい。でもどうやって一番決めるのかな。

— ORANGE GIRL (@imageorange)

正直最近の政府の少子化対策はうまく行ってないのと思うんですよね・・・。地域の役所が作っている婚活支援策も税金を使うばかりであまり地域振興につながってません。

NPO婚活のまとめ

NPOは政府主導だし、やっぱり街の市役所がやっているのならば、安全だし、来ている人の質も良いのかな?

と考える人は注意してください。

当然無料のパーティーやイベントで結婚相手を探そうとしている人の質が高いわけではありません。

実際にいくとなんとなく仕事も恋愛正直微妙という人がかなりきていますよ・・。

別に公共機関が相手の身元を保証や面談・婚活に対するアドバイスをプロ目線でやってくれるわけではないです。あくまでNPOですからボランティアの婚活です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次