シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

アンジュ50代の評判は?出会えた人はまさかの既婚者だった話

50代は子供も巣立ち、残りの人生についてふと考える世代。残りの人生を共に楽しめるパートナーが欲しい、最後の恋をしてみたい‥。

シニア世代、孤独はさみしいと思うのは男性も女性も同じですよね。

とはいえ、男性も女性も新しい出会いは、なかなか無いのが中高年。

ならば自分から積極的に、新しい出会いの場を広げてみるしかないですよね!

勇気を出して50代の私も、自分を変えてみようと苦手意識のあったマッチングアプリを使ってみることにしました。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

アンジュは50代向けのマッチングアプリか?

料金登録無料
男性のみメッセージ有料※定額パック料金 1,566~3,800円 (税込)/月
対象者独身のみ(既婚者禁止)
年齢層30~50代
目的・真剣度恋活・婚活
運営会社株式会社アンジュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み受理番号 30180070003

「アンジュ」は30代・40代・50代の会員が多い、会員数は70万人突破という話題のマッチングアプリです。

アンジュを選んだ理由
  • 年齢層が高めということで50代の登録者が多い
  • 人柄や好みでのマッチで年齢で弾かれない
  • よく遊びに行く場所検索が可能
  • 休日の過ごし方で相性をマッチ

若い人がいないという点では、50代は扱いやすいアプリかと思います。なかなかシニア向けのマッチングアプリというのは選択肢が少ないので、かなり有力な候補です。

とはいえ、使いにくいと感じた点もいくつかあるので使いやすい点、使いにくい点を細かくご紹介していきます。

アンジュを使って良いと感じた点

  • やはり中高年の同世代が買った。
  • 相手も同世代を望んでいる男性が多い。
  • 「いいね!」の返信が「ありがとう!」なので送りやすい
  • 「いいね!」をスキップした相手を、後から振り返って見るれる
  • ブロック機能の充実

このような点があげられました。

スキップしても後から閲覧可能

スキップしてしまった人をあとからじっくり見たい場合もあるので、便利な機能です。登録したばかりた沢山の申し込みが来ますし、今現在やり取りしていると良い人がいても後回しにしてしまいます。

自動マッチも思わず流してしまうこともあるのですが、後から振り返られるのでチャンスをもう一度作れます。

返事が「ありがとう」なので気軽

「いいね!」の返事も「ありがとう!」だと気楽に送りやすいですね!ペアーズは「いいね!」を返信するシステムで、別に本当に相手のことを「いい」と思ってもいないから、スルーしてしまうことがあるのですが、話しかけてくれて「ありがとう」の意味なら気軽にマッチできると思いました。

ブロックしてフェードアウトできる

メッセージをフェードアウトした場合など、今後やり取りしたくない相手や表示したくない場合もあります。

そんな時には非表示にしてしまいましょう。いきなりHな会話とかすぐに会いたいとか業者っぽいものを一定数弾くとその後スムーズに使えます。

アンジュが使いにくいと感じたところ

  • 50代の男性の登録会員数が少ない。
  • 毎日送られてくる「あなたにおススメのお相手」が、好みに絞られていない
  • 毎回同じ人や、顔写真のないお相手からもオファーが来る
  • マッチング後のやりとりのメッセージに既読機能がある。 
  • プロフィールの顔写真がぼかせない。
  • コミュニティの数が少ない
  • コミュニティーに入っている人も少ない

前回のペアーズに比べてこのような点に不満を感じました。

親密ではないお相手とのやりとりに既読は必要なく、わずらわしいと感じます。スルーしたいお相手の場合など、既読がつかないほうがやんわりスルーできますよね?

アンジュはコミュニティの数が少なく、なぜか入っている人も少ないです。

しかし、自分のプロフィールを充実させることになるので、好みのコミュニティがあれば入ったほうが共通の趣味の方とマッチングしやすくなるでしょう。

まだできて新しいあぷりだからかもしれませんが、サークルのように活発に活動したい人はアンジュは使いにくいのではないかと思いました。

アンジュの50代向けプロフィールの登録から使い方

まずはプロフィール入力です!

マッチングすることを第一に考えて、いさぎよく画像1枚面から顔写真を載せてみました。

50代は愛嬌で勝負!おすまし顔ではなく、屈託なく笑っている写真にしました。

勇気を出した結果は、これが意外にも目立ったようで、かなりの「いいね!」をいただきました。

しかし、なかなか自分の好みに合う方は見つからず・・。

そんな中でやはり目に留まるのは、メッセージ付きで「いいね!」を送ってくれる男性です。男性側は課金することになりますが、お相手に印象付けることは間違いないです。

マッチングしたらメッセージのやりとり開始!

はじめましてのご挨拶から始まり、住んでいる地域などを伝えます。

あとは、お相手のプロフィールを見ながら趣味など興味のある内容を聞いてみましょう。

アンジュのメッセージ画面のよいところで、メッセージ画面上でお相手のプロフィールが表示できます。相手の顔や趣味などを確認しながらやりとりできるのは便利な機能です。

メッセージのやりとりをする中で、お相手の人柄で合ってみたいと思ったら、女性からサクッとお茶に誘うのがより早くデートの約束ができるポイントです!

男性側は断られるのがこわいのか、意外とあたりさわりのない日常会話的なやりとりを毎日続けてきたりします。

女性側からしたら、もう年も年ですし、正直会ってみなければわからないので時間のムダとも感じてきます。

会うまでの期間は、焦ってもいけませんがスピード感も重要です。

50代の女性がアンジュでマッチングした人は?

メッセージを続けていくなかで、誠実そうな印象を持った方と実際にお会いしてみることにしました。

同じ県内でも少し遠方でしたが、ドライブが好きでどこでも行きますとの方だったので距離も許容範囲と思い、まずランチでデート!

メッセージやプロフィールだけの方とお会いするのは、緊張と不安と期待が入り混じり、かなりの勇気が必要ですよね!

そんな時こそ、出会いを楽しむぞ♪というゆったりとした心構えに切り替えて、新鮮な気持ちで楽しむことが大切です。

どんな場面でも楽しめる人は、自分の人生を豊かにできますよね。

待ち合わせ場所に行くと、お互いの服装を伝えてあったので、すぐわかりました。

第一印象は、プロフィールどおりのお顔と年齢相応のファッションで好印象!

出だしは好調でした。

まず、食事の時にマスクを外したら想像していた顔と違って内心びっくり!

プロフィール写真はマスク姿だったのです。

勝手に私の中でつくられた顔を想像していたので、慣れるまでに少々時間がかかりました。

やはり、マッチング後のやりとりの始めのうちに顔写真を送ってもらうことは重要だと思いました!

食事をしながら、メッセージでは聞けなかったより詳しいお互いの状況を話していきます。

私 お子さんと2人きりのの生活になってどれくらい経つの?

男 そんなに経ってない・・です。

私 あ、じゃあ最近なんですね

男 て、いうかまだ決着がついてなくて・・

私 は?

男 実は、そうなんです。

私 え? ・・既婚者ってこと? 調停中とか?

男 だますつもりなどなかったのですが、長引いていまして・・。

もう、笑ってしまいました。

時間と労力を返せ!って感じです。

けれどもマスクを取ったら好みではなかったので、簡単に断る理由ができてよかったと内心思いました。

同世代、お互いいろいろあっての今ですから、せっかくなので話を聞いてやろうではないかとお相手のお話をじっくり聞いてあげました。

アンジュに通報しますよ!(笑)といいながら、お互いにいい方向へいくようにがんばりましょうね!とあいさつをして別れました。

アンジュは既婚者の登録は禁止で独身者の出会いの場ということになっていますから。

その後、「嘘をついて気分を損ねてしまったと思うので申し訳ありませんでした」とメッセージが届きました。

会って正直に言ってくれたので怒る気持ちはありませんが、食事のお礼を言って終わりにしました。

痛感したのは、「誠実そうに思えてもメッセージだけではやっぱりわからない」ということ。

既婚者も潜伏してるということ。

マッチングアプリのデメリットを学んだ今回でしたが、いろんな人がいて当然なので仕方がありません。

いろんな男性と会うことで経験値が上がります。

人生をより豊かにするための出会いの場のひとつがマッチングアプリです。

アプリだけに頼るのではなく、自分自身の趣味などを通じていろんな人との交流を深めていきたいものです。

50代こそ、自分の時間を大切にしながら豊かな人生を楽しむことが最優先!

その中でも、あきらめず、焦らず、これからの素敵な出会いを楽しみに過ごしていきたいものですね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次