シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

マッチングアプリで40代の地方や田舎在住向けの選び方を本気で教えます!

マッチングアプリで40代の需要というのは高くないのが現実です!

特に地方の田舎になるとかなり絶望的。そこそこ条件の良い男女だけが集まる有名マッチングアプリを使おうとしても40代で登録すると自分の地域には登録者は30人とか一桁なんてことありませんか?

よく考えてください自分の家の周りにほとんど人がいないのに、さらにその中の一部がマッチングアプリに登録して出会うなんて確率はめちゃ低いんですよ・・。

そこで今回はアラフォー以上の田舎民がどうやって出会うのか?

現実を教えますね。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

40代の地方や田舎に住む人が出会えるマッチングアプリの条件

まず40代以上の中高年が田舎でどうやってマッチングアプリを選ぶのか?以下の条件がないとかなりきびしいものがあります。

  • 登録者数50万人以上は必須
  • 年収・学歴制限が少ないもの
  • 恋愛系優先で選ぶ
  • 繁華街に広告があればベスト
  • 地方紙に宣伝が出ているアプリ
  • 地方自治体がサポートしているアプリ
  • 旅行コミュがあるもの
  • 地域バレしないシークレットモードあり

全部の条件に当てはまるっていうのはなかなか難しいんですが、重要なのは登録数を中心に地方出身者が活動しやすくマッチしやすい機能があるアプリを選ぶってことです。

今はアプリで機能がイマイチってことないです。どこも同じ。シークレットモードに関しては田舎は世間が狭いので設定しやすいアプリがおすすめです。

顔出ししてもマッチしなければ近所に広まるってことはないです。

田舎では人数が少ないマッチングアプリ避けることが重要

鳥取県人口別年齢公式

マッチングアプリって毎年10も20も新しいサイトができては消えていくんです・・。

都心部ではあらゆるニーズが細分化してしまって「シンママ専用」とか「有名私大や国立限定」とか「年収1000万」以上がスタンダードみたいに分かれてるんですよ。

それでも東京なら労働人口が3500万人もいるからマッチします。でも地方はそうじゃない。最も少ない鳥取県では55万人ですよね?

田舎は結婚も早く20代がほとんどです。毎日ニュースになっていますが全体比率の10%なんですよ。このゾーンに向かって40代が入り込んだらまずマッチしません。

田舎の婚活をサポートしているマッチングアプリを使う

一方で、都心部のOL生活はちょっと疲れちゃったんで、結婚して田舎で落ち着きたいと思う40代の女性は都心部にあふれています。

それをサポートするのがいわゆる「移住婚」なんですがこれは地方自治体と大手のマッチングアプリ会社が一緒になって人口問題にチャレンジしています。

デジタル行政・岐阜県とペアーズ

有名どころだとペアーズですね。岐阜県と一緒になって地域の恋愛をサポートしていますし、大手上場なので人数もおおいです。50代はちょっと感覚的に厳しいんですが40代なら田舎でもペアーズでマッチはします。

婚活目的ならここで無理なら他でも無理って人が多いのでは?

安全重視で考えるのならペアーズはいいですね。特に女性は料金がかかりませんから。

ただ、これまたアラフォーとなると条件の良い男性がもっと年下を求めるので倍率は高くなります。

遠距離や移住のコミュがあるマッチングアプリは穴場

同じくちょっとした田舎や地方に住む40代向けのマッチングアプリの穴場が「移住」「転勤」「旅行」のコミュニティー機能が標準装備されているマッチングアプリです。

婚活・恋活世代の行動パターンとして週末だけ趣味を求めて1泊だけ旅行しながら遊ぶ男女が多いんですよね・・・。

  • 人気ライバーや歌手の追いかけ
  • 週末のスポーツイベント参加
  • 趣味の週末旅行
  • 出張族

こういう人たちが集まる場が昔はミクシーみたいなSNSだったんですが、今は恋愛系のマッチングアプリの中にそんざいします。

ここに入ると自分の近所以外の人と趣味でマッチングします。

環境を優先する人が多いので40代でも意外と話を聞いてくれます

なぜかっていうと「お互いに距離が離れていて今すぐ会うはずはないから」です(笑)銀行総合職とか商社なんかはマジで強制移動させられます。

メーカーでも地方に工場あると出世前に一時的に飛ばされるのでその前に候補地の人と繋がっておきたいっていうニーズがあるんですよ・・。

田舎でも圧倒的にマッチ率が高いのは恋愛サイト

後はとにかくど田舎でさらに、電車が1時間で1本みたいな場所でもマッチするのが恋愛系のマッチングアプリです。婚活より幅広くてちょっと出会い系にも分類されますが、男女とも完全に無料で使える所からとにかく一桁以上に登録者が多い!

特に男性の登録率は女性の3倍ぐらいになるので全然一般のマッチングアプリでは会える気がしないっていう人は考え方を変えてもいいかと思います。

遊び目的も当然入るんですが・・・。個人的な意見として「若い時にちょっとモテて遊べるような男性」の方が結婚したら落ち着きますよ?

ずっと誰とも付き合ったことがない40代の方が豹変するなんてこともあるんです。まじめ系で探すならワイワイシーはミクシー系列で有名です。ピュアな恋人探しができます。

一方ミントCは恋愛よりなんですが「誘い飯」があって「ちょっとおごるから飲み行こうよ?」「軽くあそびにいかない?」という感じで年齢超えても出会える場として人気ですね。

無料で使える相席屋に近い感じかもしれませんね。当サイトでは実際に使った方の体験談も沢山募集して紹介していますが、ミントCの方がバツイチやシングルみたいな人がマッチしやすい印象があります。

お金がある40代の男性なら地方都市でも楽に出会えるアプリがある

後はやっぱり恋愛と結婚は「お金」でかなり楽にことが運びます。特に男性40だいならめちゃくちゃ田舎でも裕福層向けのセレブアプリを使えば有利ですよ。

  • 田舎なのでライバルがいない
  • 地方に遊びに来た子もマッチ
  • かわいい子のみが厳選される
  • 男女比逆転で女性7割
  • ただし料金は2倍かかる

最後の料金2倍って言うのが一番気になるところだと思いますが、正直田舎って東京に比べれば家賃は1/3で生活コストも安いのでちょっとだけ質の良いペイターズのようなマッチングアプリを使うと別世界です。

ぶっちゃけいうと地方でくすぶっていてアイドルになるために東京に出ていくような子とひたすら会えます。

ある意味かわいい子とデートしまくると思うので婚活に対するモチベーションがなくなりそのまま50代へと・・・という流れもあるので注意してください。

女性も一生貧乏だけは嫌で、おごってくれるような男性じゃいと恋する気持ちにならない人はおすすめですよ。人数的にペアーズ超えたなんて言うのはもう今の時代をよく表してます。

40代で田舎や地方にいる人向けマッチングアプリ一覧比較

名称料金年代ダウンロード数特徴・本気度公式
華の会 男性10ポイント~
女性は無料
50代以上
シニア
1万+気楽な友達
(3.0 / 5.0)
無料登録
スマリッジ

月会費9900円
(無料キャンペーンあり)
30代~が多い紹介制まじめな婚活
(3.5 / 5.0)
無料登録
マリッシュ 男性月額3,400円
女性は無料
30代~50代50万+中高年専門
(3.5 / 5.0)
無料登録
パートナーズ

月額2980円40代以上80万人趣味友探し
(4.0 / 5.0)
無料登録
ミントC
男性1P10円
女性は無料
30代~80代1000万で多すぎ誘い飯は注目
(4.0 / 5.0)
無料登録
アンジュ
アンジュ|恋活・婚活マッチングアプリ・出会い応援サービス
月額1556円~30以下登録不可100万人ピュアな恋
独身のみ
(4.0 / 5.0)
無料登録
ペアーズ
男:3,590円若者向け100万+気軽な恋愛
(3.5 / 5.0)
無料登録
茜会

66,000円
(65以上プランアリ)
月額4,000円
50代~70代紹介制シニア向けの
まじめな相談所
(4.5 / 5.0)
無料資料請求
オーネットスペリア
入会金30,000円
月会費10,000円
45歳~紹介制婚活メイン
大手運営
(5.0 / 5.0)
詳細を見る

というわけで40代の田舎や地方でも使えるアプリですが1000万を超えると都心部はマッチしすぎて選びきれなくなりますが地方なら問題ないです。

さらにここはマジで過疎ってないよ?ってところをおすすめします。

ミントC

項目内容
アプリ名Jメール
料金男性: 80P(1回7円)、女性: 無料 
年齢層20〜30代
累計会員数1,000万人以上
目的遊び、デート
特徴身バレ防止機能を無料で使える
運営会社有限会社エムアイシー総合企画

まず、一番田舎でもマッチするんじゃないか?って思えるのがJメールです。男性は1回メールを送ると7円というのは覚えておいてください。

10回で70円ですが一人がデートの話をしてLINE交換するまでの回数ってこれくらいで、それ以上になる人は結局会う気がないのでパスしていけば月額制よりコスパが良いです。利用でおすすめはやっぱり「さそい飯」のコーナーですかね。

女性にもおすすめです。地元のグルメスポットとかに案内してもらうのが良いと思います。大手なので安全面にも気を配ってますし話してみて下ネタとか振ってこない人なら「暇だし田舎で出会いがないから登録中」っていう人と出会えます。

ペイターズ

項目内容
マッチングアプリ名ペイターズ(paters)
会員数200万人以上
男女比率男性3:女性7
年齢層男性:30代~50代
女性:20代前半
男性の料金 (税込)12,000円 ※ブラウザ版1ヶ月の料金
女性の料金 (税込)0円
目的合コン・友達探し・恋人探し

田舎でハイスペックって条件が厳しいんですがペイターズの「出張マッチング」と「地方おでかけ」「ゴルフ友だち」の3つはマジで使えると思います。

2名の合コン機能とか即日出会いのタイムラインがあったりとにかく今一番伸びています。遊び目的で使う人も多いのですが何と言っても所得が違いますね。

男性が別格に高いだけあってシークレット機能と男性の所得に応じた優先表示機能・条件の良い子への優先アプローチ機能がウケてます。お小遣いもらえたりするので40代の綺麗目の女性はアリかと。

いちいちハイスペックに条件を付けて交際を続けるくらいなら分かりやすいと思います。ちょっと料金的に無理って言う人は「ラブアン」なら3回だけですが男性は500円程度でフル機能が使えます。ラブアンは正直過疎地域にはあまり登録者いないんですが、おすすめ。

迷ったらペイターズの方が何だかんだコスパ良いです。

ペアーズ

項目内容
会員数1,000万人以上
主な年齢層20代〜40代
主な利用目的恋愛・婚活
利用料金女性:無料
男性:3,590円/月〜
オプション ■男性会員限定
プレミアムオプション:2,980円/月〜
■女性会員限定
レディースオプション:2,990円/月〜
■男女共通
プライベートモード:2,560円/月〜
運営会社株式会社エウレカ

年も年だし、自分は将来結婚の意思がある相手とか付き合う時間はないっていう人はやっぱりまじめな恋愛マッチングのペアーズが候補になると思います。

40代の男性なら十分マッチしますが女性はやっぱり自分より年上か年齢前後の人が優先表示されてしまいます。有名すぎるアプリであることと月額で使いたい放題なので頻繁にログインして話す必要は感じます。

都心部であれば出会えた率がNO1クラスに高いのですが、田舎は普通ですね・・。40代後半の女性にもアンケートをといりましたが、地方だとあまり会えないって声も聴きます。

コミュニティーも充実しており、質のいいアプリなので無料で使えるので女性には有利です。移住婚サポートもありましたし婚活パーティーも開くこともあり、出会いのバリエーションは豊富です。

超ド田舎でマッチングアプリを使っても出会えない場合は?

上記のアプリを使っても夜になると駅前が真っ暗になって遊ぶ場所はボーリング場だけみたいな「ド田舎」の場合は正直地元中心でマッチングアプリを使うのは非効率です。

確実に紹介がある地方の結婚相談所もいいかもしれませんが、そもそも結婚相談所というのは「その場所に住んでいる人」が主に入会条件なので登録者はアプリの1/10になり、さらにその中から40代男女が選ばれるとなるとすごく確率は低いです。

移住婚とか地方自治体が市役所で開くイベントも回によっては結構さびれてます。「ナイナイのお見合い大作戦」くらいTVが宣伝してくれないときついんですよ。

コメント

コメントする

目次