シニアにおすすめのマッチングアプリランキング

50代既婚者男性の出会いの場5選!秘密のマッチングアプリ教えます!

50代の既婚者男性ともなると子育てにもある程度の区切りがつき、お金にも余裕が出始める一方で、奥様との関係は冷めているといった家庭も少なくありません。

そんな時に愛想が良い20代女性と出会うと、「なんだかまた恋愛してみたいな。」という願望が湧くことで、奥様に内緒で出会いの場を求める男性もいらっしゃいます。

この記事では、50代の既婚者男性が若い女性と秘密に出会える場所、そして最もオススメな出会い方についてご紹介していきます。

目次
人気No1人気No2人気No3



【華の会】
50代以上が半数シニア向け友達アプリ
趣味友作りに最適。まずは無料で十分、価値観色々。予想外の恋愛トーク楽しみましょう!
【シンシアリユアーズ】
懐かしのペンパル(文通)メル友・お茶友探しの場です。婚活よりパートナー探しに向いています。話好きに最適
【マリッシュ】
中高年の定額制マッチングアプリがコレ。動画と登録者のサークル機能あり、この値段での中ではベストです。まじめ系
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
公式公式公式

50代既婚者男性が若い女性と秘密に会える場所5選!

既婚者にとって最も怖いのは、家族やパートナーに他の女性と遊んでいることがバレた時であり、それが浮気と発覚すると、多額の慰謝料を請求されるケースがあります。

離婚裁判においては新婚よりも晩年離婚の方が慰謝料額は高騰する傾向にあり、最大で5,000,000円程度の判決が出たこともあるようです。

よって既婚者男性は”いかにバレずに出会うか”という手段にこだわる必要があるため、なるべく友人知人の知らないところで出会いを求めるのが良いでしょう。

この章では、周りに知られずに女性と出会う方法を5つ厳選しましたので、ぜひ熟読ください。

年齢差がある人が参加するスポーツ

女性との距離感が近くなりやすく、かつ家族やパートナーにバレにくい出会いの場として、”共通の趣味”が挙げられます。とくに体を動かくスポーツに関しては年齢を超えてもカップルができやすいです。

  • スキー
  • テニス
  • ゴルフ

この3つは鉄板ですね。

例えばテニスが趣味の男性は、社会人サークルを通して若い女性とラリーをしたり、タックを組んでプレイしたりと楽しい時間を共有できますよね?

そこで女性のミスをフォローしてあげたり、プレイの指導をしてあげたりする事で、あなたの事が気になってくるのは必然でしょう。

また「サークル仲間と飲みに行く」と言えばすんなり外出できますし、趣味を言い訳にすれば1泊2日旅行にも派生できるので、出会いの方法としては非常に汎用性がありますよ。

【メリット】
【デメリット】
  • 外出理由になる
  • 趣味によっては、女性の比率が多い場合がある
  • 趣味自体にお金がかかる
  • 趣味に時間が拘束される


メリットとしては自然に近い形でできますが、デメリットは出会い確立としては運要素が多いということです。でも健康にも良いですし、スポーツはオススメです。

趣味やアート繋がり

やはり年齢を超えてつながりが持てるのが音楽や絵画・文学などの芸術ですね。昔から既婚者男性との秘密の恋がテーマになるだけあって、習い事からサークルまでアート系のイベントや学校はで50代の出会いの場所となるでしょう。

自分の持っていない独特のオーラになぜか人は惹かれるもの。若いころからの特技があったり、今現在ハマっているものがあったら思い切って関連イベントや集まりに参加してみてはどうでしょうか?

職場つながりや資格の習い事で出会う

50代男性の魅力をダイレクトに見せるには、やはり職場においてその仕事っぷりを見せつけるのが1番です。50代ともなれば、課長や部長などある程度役職がついているはずなので、明らかに他の男性よりも能力的に優れているでしょう。

仕事終わりの空いた時間や休みの日などに、若い新入社員の悩みや愚痴を聞いてあげることで、距離感がぐっと近くなるのは明白です。

それに伴い、女性の方からアプローチしてくる可能性もありますが、若い女性は独占欲が強いため、周りに2人の関係がバレないか配慮する必要があるでしょう。

【メリット】
【デメリット】
  • 経験値、能力値を見せつけやすい
  • 女性との距離感が近い
  • 技術が上がる
  • 仕事に支障が出やすい
  • バレたときに大問題になる
  • お金がかかる


職場恋愛は出会いの鉄板ですが既婚者はリスクの方が高いですね。

そういう人は仕事に関連する習い事がおすすめです。自分の仕事の技術も向上しながら、スクール仲間と飲み会で仲良くなるというのはよくある話。

仕事の相談に載っているうちに仲良くなるなんてことも・・・。

飲み屋、Bar・クラブなど

これはもはや運次第ではありますが、飲み屋やオーセンティックバーに行くことで、1人飲みをしている女性と出会える可能性があります。

中には1人でゆっくり飲みたいと思っている女性もいるかもしれませんが、しつこくない範囲でお声掛けを繰り返すことで、出会いのチャンスが広がるでしょう。

ただし店側側の方針やルールもあるので、ケチケチせずにしっかりと飲食をした上で、マナーを守って話しかけましょうね!

【メリット】
【デメリット】
  • 一般女性と出会える可能性が高い
  • 仲介者がいないので、出会いにお金がかからない
  • 相手が出会いを求めていない場合、ただの迷惑行為となる
  • 店側への配慮が必要。最悪の場合、出禁になるかも、、、。


後はやっぱりスナック・ガールズバー・ラウンジ・キャバクラなどのナイトスポットですね。お金がかかりますが既婚者でも若い女性と出会うチャンスがあるということであれば間違いないでしょう。


出会い系アプリで偶然

ペアーズやTinderに代表されるマッチングアプリは、基本的に男性が利用料金を払って女性とメッセージのやり取りをするものです。

アプリにもよりますが、1メッセージ=◯円と言う仕様になるため、安ければ2〜3000円程度で実際に女性と顔合わせできるのが大きなメリットです。

ただしサクラを用意し無駄にやり取りをさせることで、メッセージ料金を過剰に徴収する悪徳アプリには注意しましょう!

【メリット】
【デメリット】
  • 出会いまでのコストが安い
  • 複数の女性と一度に出会える
  • サクラが非常に多い
  • 美人局や未成年に遭遇する場合がある

というわけで無料で遊べる反面、質の良い出会いが期待できるか?というとデメリットもあるのは間違いないでしょう。

既婚者マッチングアプリ

今密かに50代の男女に流行っているのが既婚者以外は登録不可能な既婚者アプリです。マッチングアプリや出会い系と違うのは全員が結婚中だということ。

婚活でもないし、出会いでもないし、気晴らしと家庭の悩みを男女でするという、恋人未満のお友達を作る場所ということで登録者が急増中です。

中に入ってみましたが、同世代同士昭和の歌謡曲の話で盛り上がったり、年の差結婚のなれそめや旦那や奥さんの愚痴なんかも飛び交っていて掲示板の要素が強かったです。

もうお互いに結婚しているってことで年齢差を超えて話し相手を見つけやすいっていう点は間違いないかと。

ヒールメイト

項目内容
会員数10万人越え!
年齢層20代後半〜60代
料金男性:3,800円~
女性:無料
特徴・セカンドパートナーと出会える
・癒しを求める既婚女性が多い
運営会社レゾンデートル株式会社
公式公式サイト

既婚者アプリの中でも最も女性から人気があるのがヒールメイトです。なぜかというとお話し好きのコーナーがあって掲示板がもりあがっているから。昭和の歌謡曲とか、最近の食事レポートとかテーマに合わせてコメントが並んでいて、見ているだけでも楽しいって思えるのが最大の理由です。

もちろん、気になる人がいたら個人的にもデート可能。そこまでガツガツしていなくてバランスがいいと思いました。

既婚者合コン

既婚者アプリよりさらに怪しくなってきますが(笑)世の中には既婚者同士が集まる合コンというものがありまして、男女の出会いを楽しむためにちょっと大人の交流をしています。

来ている人はアラサー・アラフォー世代が中心なのですが50代が混ざっても全然大丈夫な雰囲気です。特にシニア世代が好むワイン会と日本酒の会はと年下女性との出会いの場だと思います。

アプリ名料金年齢特徴

Healmate(ヒールメイト)
ヒールメイト
女性480円~
男性:3,800円~
詳細
35歳~女性も課金するのでサクラ無し

Afternoon
アフタヌーン
女性無料
男性:3,800円~
詳細
35歳以上アラフォー以上の
既婚者向け

既婚者クラブ
女性無料
男性:5980円
詳細
30代以上90%既婚者の出会いクラブ

カドル
女性無料
男性:9,980円~
詳細
30代以上50%ディンダーの既婚者版
遊びの要素が多い

マリーゴー
女性無料
男性:1,980~
詳細
30代~40代中心値段が安いので男性多め
身バレ防止機能強め


キンコンパ
男性:10000円
女性:1000円
詳細
既婚者合コン中高年も多い

カドル

項目内容
会員数50,000人 (2024年1月時点)
会員属性30代前半~50代前半
料金女性:無料
男性:9,980円(税込)/月
特徴写真で自動マッチングシ
登録者用の既婚者パーティー
会うまでのスピードが速い
運営会社ThirdPlace合同会社
公式公式サイト

50代の男性おすすめはカドルというアプリです。こっちはティンダーみたいに写真の第一印象でどんどんマッチしていって、出会い優先で話し始める雰囲気です。

ここはアプリ内で既婚者合コンの募集もあるから2倍お得。

日記のような投稿はなく、まずはあってみないと始まらないというニーズを満たしていて、男性から人気なんですよ。後は昼のランチ会がアプリ内で告知されていて、そこにも参加できるというのがメリットです。

飲みを提案してマッチするとかなりすんなりデートがきまります。

既婚者サークル・食事会

タイトル年代料金場所公式

ブリリアント
30代~50代後半男性:1万前後
女性:5,000前後
青山・六本木・銀座など詳細を見る


mimosa
30代~50代男性1万前後
女性3,000円~
新宿が多い詳細を見る


ネクストドア
30代~50代男性1万円
女性5,000円
恵比寿・六本木など詳細を見る


クラッセ
アラフィフ中心男性1万前後
女性1500円~
新宿中心詳細を見る

ミント
50代~も多い男性1万~
女性:3,000~
銀座・赤坂詳細を見る

既婚者サークルも合コンのようなものです。一度きりの集まりではなくて、定期的に既婚者どうして集まって話すタイプや毎回別の人と数人ずつで飲み会を開くようなイベントがあります。

大体1回の参加費は男性が1万円。料理がしっかりした企画は女性も5000円前後かかります。女性はアラフォーくらいまでがほとんどで男性は50代も3割ぐらいいますよ。

食事会となっているところは高級イタリアンとかフレンチに男女が集います。

交際クラブ

さらにさらに怪しい世界がお金持ちの男性が女性を囲うという祇園の世界ですね・・。ずーーと昔から花街であったシステムですが、お金さえ払えば既婚者だろうが何だろうが若くてかわいい子とほぼ確実にであえるのが交際クラブです。

登録料金だけで10万を軽く超え、高い場合はなんと100万円クラスなんてこともあるんですよね・・。あまり褒められたものではありませんが選択肢としてこういうニーズは消えません。

月に10万円ぐらいおこづかいがあるひとは一番有名なユニバースクラブが安全でしょう。

ギャラ飲みアプリ

50代の既婚者男性の中には出会いを求めてスナックやガールズバー・キャバクラに行く人がいると思います。でも特に興味がない子がついてしまったり、などもドリンクチャージが入って1回で1万円以上超えてしまうことも・・・。

そこで流行っているのが時間制のギャラ飲みアプリで。安いものだと1時間当たり3000円~です。お店は自分で選べるので自分が好きな店で食事をしながらお酒を飲んで値段も同じくらいです。

ギャラ飲みタイム中にはアドレス交換もできますし、その後の個人の付き合いに制限はありません。お店を通さない分値段も安く自分の指定の店まで来てくれるという安心感があります。

ペイターズはギャラ飲み・合コン・パパ活など用途に合わせた自由な選択肢が売り。恋愛目的でつか人も混ざっていてその場合は特にアプリの料金以外かかりません。

パパ活アプリも既婚者に当然流行っている

パパ活アプリは、お手当てを前提として男性と女性がマッチングするアプリのことです。主な目的は30代後半以上の男性と20代の若い女性の出会いであり、年の差カップルが生まれることもあります。

事前にデートだけでなくセックスまでできるかどうか交渉も可能なので、若い女性との疑似恋愛+性行為までトータルで叶えてくれる夢のようなアプリです。

ただし、デートごとに数万円のお金がかかってくるので、経済力のない男性は100%モテません

【メリット】
【デメリット】
  • 財力の高い男性はすぐ出会える
  • メッセージのやりとりが少なくて済む
  • デート代+お手当代がかかる
  • 会ってみるまで女性の素性が分からない


家族やパートナーにバレると、相手女性にも迷惑がかかるから注意しようね!

パパ活アプリが最もオススメな理由とは?

前章の最後で「50代の既婚者男性には、ラブアンのようなパパ活アプリがオススメ!」と書きましたが、この理由はパパ活アプリが下記の条件を満たすからです。

・男性登録者が圧倒的に少なくモテモテの状態である。
・浮気ではないので、バレた時も言い訳ができる。
・相性の良い女性を吟味できる。

パパ活アプリでは、1回ごとのデートに対するお手当てを男性から女性に渡すと言う前提があるため、男性登録者よりも、女性の方が5〜10倍多い状態です。

このお手当ては一番安いもので5,000円程度、高ければ100,000円程度とかなり開きがありますが、付き合うまでに数回デートを繰り返すくらいであれば、全体の出費はおよそ300,000円以内に収まるでしょう。

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、もともと50代既婚者男性が若い女性と付き合うには非常にハードルが高いので、財布の紐は広げて置いた方がいいかもしれませんね。

パパ活アプリを使うと、男性が無双できる理由とは?

パパ活アプリはお手当てが前提にあるため、財力がモノをいいます。またパパ活は登録している男性の年齢層が高いため「おじさんは嫌だ。」と言う女性がいない点も大きなメリットです。

つまり、最初から年上男性に対して心を開いている状態で接点を持つため、既婚者男性にとっても間口の広い出会い方でしょう。

さらに、コロナ蔓延によりキャバクラやラウンジが多数閉鎖され、パパ活アプリへの登録者が急増した背景から、熟年男性への需要が何倍にも膨れ上がりました。よって、現在の方々アプリ市場は、男性が女性を選び放題の状態であるといえます

もちろん最初はお手当て目的であっても、経験豊かな熟年男性に惹かれ、そのままカップルになるケースも多々ありますので、50代既婚者男性にとっては1番良い出会いの場と言えますよね。

パパ活アプリを使うことのデメリットとは?

パパ活アプリでは顔合わせに5,000円程度、本番のデートでは1日通して5〜10万円程度かかってくるため、財力のない50代既婚者男性では女性と付き合うまでには至らないでしょう。

当たり前の話ではありますが、よほど容姿が良い、めちゃくちゃ仕事ができるなどの強みがない限り、50代それも既婚者の男性と付き合うメリットが女性にはないですよね?

よって、良くも悪くもお金がかかってくることだけは覚えておきましょう!

50代既婚者男性が若い女性と出会う方法のまとめ

50代の既婚者男性が若い女性と出会うには、趣味の場や飲み屋、もしくはマッチングアプリを使うことで再現できます。特にマッチングアプリは利用料金さえ払えば、すぐに女性とメッセージのやり取りを始められるので、時間的にも金銭的にもコストを抑えられるでしょう。

50代既婚者男性であれば、通常のマッチングアプリではなかなか女性を振り向いてくれないはずなので、パパ活アプリを使うことで効率的に若い女性とデートできます。

50代既婚者男性の出会いに関するまとめ

  • 50代男性は、財力と人生経験を武器にしよう!
  • 秘密に出会うなら趣味の場がGood!
  • パパ活アプリが最も効率的で早い。

どの出会い方も共通していますが、50代男性にはある程度の財力が求められるので、「お金はかけたくないが、若い女性と出会いたい。」と言う男性は、出会いを求めるのをやめましょう。

また万が一浮気がバレてしまった時は数百万円にも上る慰謝料請求をされますし、確実に家族やパートナーを傷つけるので、その覚悟を持って若い女性と遊んで下さいね!

当サイトでは、50代既婚者男性の出会いの他にも、パパ活に関する様々な知識・ノウハウ・経験談を多数掲載しております。ぜひ他の記事も閲覧して、パパ活ライフを楽しんでください!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次